>

どんな罪と罰が存在しているのか

名誉毀損

ネット上での書き込みでのトラブルで一番多いのが、全く真実ではないことを書き込んで、その結果罪に問われるということです。
特に有名人にこの手の話が多いです。
だからといって、一般人にもしてはいけませんよ。

例えば、「女優の○○は不倫をしている」とか「アイドルの△△と俳優の□□は付き合っている」なんていうガセネタを書き込み相手の名誉を傷つけた。
それを事務所や弁護士そして警察から訴えられると、名誉毀損罪として3年以下の懲役もしくは50万円以下の罰金、場合によっては相手への慰謝料も発生してしまいます。
もしかしたらそういった悪意はなく、ただ単に面白半分で書き込んでいる人も中にはいらっしゃるでしょう。
ですが、それが事実無根の話だとわかるとそういった報復が待っているのです。
なので、あまり軽い気持ちで書き込むのはやめておきましょう。

侮辱罪もある

また、そういったガセネタではないが相手をバカにする書き込みも注意しましょう。

一例を挙げると、「同級生の○○は昔から頭が悪い」とか「近所の△△一家は見た目があまりよくない」なんて相手のコンプレックスをわざわざ名指しでネット上に書き込むということです。
これらの行為は、一体どんな罪にあたるかご存知でしょうか。
答えは、「侮辱罪」です。
名誉毀損罪同様に相手を傷つけたとして、罪が成立します。
この場合は、名誉毀損もそうですが、書き込みの対象者から通報されて捕まるというケースが多いです。

そうならないようにするためには、当たり前のことですが、自分がされて嫌なことや書かれて傷つくことを安易にしないということです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る